オンラインで「にほんごのせんせい」を全国に届けます!遠隔地こども日本語教育事業「NICO|にほんご×こどもプロジェクト」

『NPO法人 青少年自立援助センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

お問い合わせ/Contact

【事務局・福生教室】(Office/Fussa School)

TEL: 042-552-7400

MAIL: info@kodomo-nihongo.com
月曜日~土曜日 9:00~19:00

(土曜日は~12時)

団体概要

YSCグローバル・スクールはNPO法人青少年自立援助センターの事業です。

http://www.npo-ysc.jp/

NPO法人青少年自立援助センターは、社会的困難を有する子どもと若者を支援しています(設立1999年6月)。


その活動の起源は1977年まで遡ります。

当時、私塾「タメ塾」を現理事長工藤定次(くどう・さだつぐ)が設立し、不登校や非行経験のあるお子さんたちの学習支援および合宿形式の生活訓練を行ってきました。


その経験とノウハウを元に設立されたのが青少年自立援助センターです。


以来、東京都福生市を中心に事業所は足立区、板橋区、高知県等全国にまたがり展開され、現在ではひきこもりの若者を支援するひきこもり支援事業部、ニート状態の若者の就労をサポートするニート支援事業部、しょうがい者就労支援等を行う福祉的支援事業部、そして外国につながる子ども・若者を支援する定住外国人子弟支援事業部の4つの事業部が設けられています。


東京都教育功労賞(2004年)、厚生労働大臣表彰(2007年)、子ども若者育成・子育て支援功労者表彰・内閣総理大臣表彰(2011年)他、受賞。


若者支援のパイオニア団体として官公庁、自治体等広くその活動が認められています。


部署名  定住外国人子弟支援事業部
事業責任者 田中宝紀(たなかいき)
実施団体名称

特定非営利活動法人青少年自立援助センター

団体所在地

【本部】東京都福生市福生2351-1
【教室】東京都福生市本町117-1 スプリングバレー福生201

連絡先 【本部】042-553-2575
【教室】042-552-7400
実施団体概要

【法人認証】1999年
【理事長】工藤定次
【事業内容】ひきこもり支援事業/ニート支援事業/
       福祉的支援事業/定住外国人子弟支援事業
【活動実績】セーフティネット足立(足立区委託)/

        あだち・いたばし・高知黒潮若者サポートステーション

        (足立区/板橋区/高知県委託事業)他 




 

個人情報保護方針

当団体の個人情報保護方針については、以下のページをご覧ください。


http://www.npo-ysc.jp/wp/g_info/privacy-policy/

 

*上記URLをクリックすると、特定非営利活動法人青少年自立援助センター本部ウェブサイト内個人情報保護方針ページへジャンプします。

メディア掲載・講演歴(定住外国人子弟支援事業部関係)

2017

 

【講演・講師】

 

【メディア掲載】

 

 

 

2016

【講演・講師】

  • 帝京大学教育学部(田中宝紀)
  • 東洋英和女学院大学(田中宝紀)
  • 第56回社会教育研究全国集会「多文化共生と人権尊重を目指す分科会」スピーカー(田中宝紀)
  • 教育研究全国集会2016in静岡(ピッチフォード理絵)
  • 明治学院大学「シンポジウム『内なる国際化』を考えるⅡ-外国につながる子どもたちの教育について-」(田中宝紀)

 

【メディア掲載】

2015

【講演・講師】

 

【メディア掲載】

2014年

【講演・講師】

  • 「外国につながる子どもの支援と課題」主催:清瀬国際交流会多文化子育て支援事業多文化ボランティア養成講座(田中宝紀) 
  • 「外国にルーツを持つ子ども・若者支援」内閣府青少年問題調査研究会(田中宝紀)
  • 「外国につながりを持つ子どもの課題と支援」自治体国際化協会職員国内研修(田中宝紀)
  • 「外国につながる子どもの教育」自治体国際化協会連絡協議会課題研究会(田中宝紀)
  • 外国にルーツをもつ子ども・若者への支援のあり方を考える-東京都福生市での実践-」多文化共生センターぐんま(田中宝紀)
  • 「外国にルーツを持つ子どもの現状と課題」清瀬国際交流会日本語学習支援ボランティア養成講座(ピッチフォード理絵)

 

【メディア掲載】

  • 東京新聞群馬版2015年2月23日(外国人就労支援関係)

 

 

【その他】

2013年

【講演・講師】

  • 「外国につながる子どもの支援と課題」主催:清瀬国際交流会多文化子育て支援事業多文化ボランティア養成講座(田中宝紀)   
  • 「外国につながる若者支援の現状と課題」:「外国につながりのある子ども支援のためのネットワーク会議」(田中宝紀)
  • 「外国にルーツを持つ子どもの現状と課題」清瀬国際交流会日本語学習支援ボランティア養成講座(ピッチフォード理絵)    

 

【メディア掲載】

 

【その他】

<見学・訪問受入>

  • 内閣府、文部科学省、市町村教育委員会、公立小・中学校等

 

 

 

2012年

 【講演・講師】

  •  『外国につながる子どもたち、青少年をどう支援するのか―家庭の教育問題と高校進学をめぐって―』(MCE多文化共生教育研究会第36回定例研究会)発表「在日フィリピン人家庭の教育問題」(田中宝紀) 
  • 虹のひろば 学びの場・第1回(主催:虹のひろば―外国につながる子どもサポートの会)『外国につながる子どもたちと共に―違いをこえて自分らしく生きる社会―』講師(田中宝紀)
  • 虹のひろば 学びの場・第2回(主催:虹のひろば―外国につながる子どもサポートの会)『外国につながる子どもたちと共に―違いをこえて自分らしく生きる社会―』講師(ピッチフォード理絵)
  • 「外国にルーツを持つ子どもの現状と課題」清瀬国際交流会日本語学習支援ボランティア養成講座(ピッチフォード理絵)
  • その他、研究会、講座講師等

 

【メディア掲載】

2011年

【講演・講師】

  • TAMA日本語共育ネットワーク定例会「多文化コーディネーターの必要性と役割」発表(田中宝紀)
  • 『福祉マイスター道場―多文化ソーシャルワークへの道「多文化ソーシャルワークの地域展開」』(日本社会事業大学大学院)「多文化子ども支援―教育・福祉の連携:地域資源の発掘」講師(田中宝紀)
  • 『移住女性と子どものエンパワメント:次世代の子どもの就学・育成支援』(日本社会事業大学主催)「新たな世代のエンパワメント トランスナショナルな女性子ども支援」事例報告、ディスカッサント(ピッチフォード理絵)

 

【メディア掲載】

  • しんぶん赤旗(2011年12月18日掲載)
  • 「文部科学時報」(2011年7月号)『「虹の架け橋教室」は日本社会への扉―夢と希望の未来へ』