外国人の中学1・2年生向けプログラム

Select Language

中学1・2年生向けプログラム

中学1・2年生(概ね12才~14才)向けプログラム

日本語の基礎から学習支援まで、段階に応じたステップアッププログラム

YSCグローバル・スクールで最も多いのが10代前半~半ばの子ども達です。出身国で小学校6年間を修了したタイミングで来日し、これから日本の中学校通い始めるお子さんから、日本で生まれ育ち、日本語の会話はネイティブという生徒まで幅広く受入れています。

この年代ではすでに語学を「耳で聞いて自然と覚える」ということが難しいと言われています。専門家による指導で基礎文法を積み上げていくことが「学校の勉強を聞いて理解できるようになる」だけの日本語の力を育む近道でもあります。

来日直後のこの年代の子どもたちの場合、短期集中型の日本語学習カリキュラムを経て、教科学習に必要な日本語習得と基礎学力の向上を目指す「教科-日本語」カリキュラムを受講します。その後、1人1人の成長をみながら放課後学習支援のクラスへ移行してゆくステップアッププログラムとなっています。

また、放課後の学習支援プログラムでは学校の定期試験対策や苦手克服に加え「読み解く力」の育成をサポートします。日本語学習から国語学習へ丁寧に移行を支援する事で、日本語を母語としない子どもたちに多い「日本語の会話はできるけど、学校の勉強についていけない」状況を1歩ずつ改善してゆきます。