海外にルーツを持つ子ども・若者の専門支援事業YSCグローバル・スクール求人非常勤・アルバイト日本語教育・学習支援担当)

Select Language

お知らせ

2020.06.26人材募集

【短期可】2020年度YSCグローバル・スクール学習支援担当求人(非常勤)@東京都福生市、足立区

海外にルーツを持つ子ども・若者の学びと成長を支えています

SCグローバル・スクール(NPO法人青少年自立援助センター運営、東京都福生市/足立区)は全国でも珍しい、海外にルーツを持つ子ども・若者のための専門家による教育支援事業です。2010年から、年間120名程度、通算850名・40カ国以上の国と地域にルーツを持つ子どもたちへ日本語教育、学習、高校進学や就学などのサポート機会を提供してきました。

海外にルーツを持つ子ども・若者が増加の一途をたどる一方で、その支援環境・教育機会の整備は不十分な状況が続いています。その結果、少なくない数の日本語を母語としない子ども・若者が言葉や文化の壁のみならず、心身の発達に課題を抱えたり、進学・自立・就労を含むライフキャリア全般において困難を有する状況となっています。

こうした状況下で発生した今般のコロナ禍において、平時より弱い立場に陥りやすい外国人や海外ルーツの子どもたちへの影響は大きく、今後も経済面や学習面等で海外ルーツの子どもやその家庭では厳しい状況が続いていくことが予想されています。

YSCグローバル・スクールでは、2016年より実施してきたzoomを活用したオンライン教育の経験を活かし、3月の一斉休校以来、全国の子どもたちに学びとつながりの機会を提供し続けてきました。学校が再開となった6月中旬までの間に、延べ2,000人の子どもたちに支援を届けており、現在はwith コロナへの体制整備として、「オンラインでもリアル(通所)でも、どちらでも学べる環境」を提供しています。

募集要項

こんな方を歓迎します

・海外にルーツを持つ子どもや若者の日本語教育等支援に強い関心を持っている

・子どもや若者の多様なニーズやバックグラウンドを理解し、適切な支援とは何かについて考え、柔軟に対応できる

・試行錯誤をいとわず、関係諸機関や他の非営利セクターおよび仲間と協力・連携しながら、より良い支援の場を実現できる
・ITを活用した支援や業務に抵抗がなく必要なスキルを有する、またはスキルを獲得しようと努力する

     共通事項
勤務地

NPO法人青少年自立援助センターYSCグローバル・スクール(福生教室 or 足立教室)

福生教室:〒197-0013 東京都福生市志茂183-2(JR青梅線牛浜駅下車、徒歩8分)

あだち・竹の塚教室:〒121-0813 東京都足立区竹の塚2-16-1(東武鉄道伊勢崎線竹ノ塚駅下車、徒歩13分)

勤務
期間

即日勤務(応相談)~
*勤務期間は3か月間程度の短期~1年以上の長期でご相談が可能です。
たとえば、
・新型コロナの影響により日本語学校のシフトが減らされてしまったが、これを機に海外ルーツの子ども支援の経験を積みたいという日本語教師の方(担当は日本語ではなく教科支援となります)
・これから教員を目指すにあたって、子どもたちの多様性を理解するためにYSCでの短期勤務を希望する学生さん
などの応募も可能です。

待遇

時給1,013円~2,000円(資格、経験により決定)
交通費全額支給(リモート勤務の場合は交通費は支給されません)

*スクールカレンダーにより、春季、夏季、冬季および平日の休校期間有り

その他

・採用から約3ヶ月間は試用期間となります(給与の変更なし。3か月以内の短期の方除く)
・採用後、必要に応じてオンラインや教室での研修を実施しますが、足立教室採用者でも、場合によって福生教室での研修を行う場合があります(交通費実費支給)

・採用面接はオンラインまたは福生教室のいずれか、となりますのでご注意ください。

募集:学習支援担当(非常勤・アルバイト)
YSCグローバル・スクールには、来日直後で日本語がわからない子どもたちだけでなく、日本で生まれ育ったり、幼少期に来日したため日本語の会話はネイティブであるものの、学校の勉強についていくことが難しい、学習言語の課題を抱えた子どもたちも通ってきます。

平日の日中には、不就学・不登校状態で学びを必要とする小中学生や、15歳以上で日本の公立高校進学を目指す若者が毎日学んでいる他、放課後には学校帰りの子どもたちが宿題や試験問題を抱えてやってきます。

勤務日や時間帯によって、日本語と教科学習の間をつなぐように学びを支えたり、高校入試対策をしたりなど、幅広いニーズに対応しながら子どもたちを支えるお仕事です。


学習支援担当(非常勤)募集要項     
●募集職種
A)福生教室学習支援担当(主にグループ授業/オンラインでの双方向ハイブリッド型支援)
B)あだち・竹の塚教室学習支援担当(主に少人数グループまたは巡回個別型支援)

●勤務日時:
A)福生教室

月/火/金10時~15時30分

月/火/木/金 16時~19時 
*週1回~
*10時~19時での通し勤務可
*教員や塾講師等の経験によってはオンラインのみのリモート勤務が可能です。

B)あだち・竹の塚教室

月~金 9時~15時30分
月~金 16時~19時
*週2回以上から応相談
*実働8時間以内で通し勤務可

 

 勤務時間の例:
 ・不登校・不就学、高校進学を希望する子ども・若者をメインにサポート
  →平日午前10時~午後3時30分まで
  →日本語初中級~中級レベルの子どもを対象とした、日本語と教科学習の間を取り持つような学び(JSL)をサポートする他、高校進学を目指す15歳以上の若者の入試対策を担当
   
・放課後等の補習を希望する小学生、中学生をサポート
  →平日16時~19時
  →学習言語を伸ばしながら、基礎学力の定着を図るサポートを担当

●業務内容:
・日本語を学び始めて間もない子どもたちに対する「日本語教育と教科学習指導」を組み合わせたサポートの実施(平日日中)
・15歳以上で来日した子どもたちの公立高校入試対策(平日日中)
・不就学・不登校状態の子どもたちに対する少人数グループ学習支援(平日日中)
・放課後や土曜日に学びの場を必要とする海外ルーツの小中学生に対する学習支援(平日夕方)
・居場所サポート(主にあだち・竹の塚教室)
・その他、あだち・竹の塚教室では外国人保護者サポートや学校との連絡調整など、一部多文化コーディネーターの補助業務をしていただく場合があります。


●要件 

【必須】
・年齢20歳以上、性別・国籍不問(外国籍の方は就労可能な在留資格または資格外活動許可)
・大学生以上(応相談)
・小学生~高校入試レベルの教科指導が、国語を除き1科目以上可能なこと

(足立教室の学習支援は高校生内容を含む)
・塾講師・学習支援等での実務経験6か月以上(ボランティア含む場合は応相談)
・基本的なITスキル(ワード、エクセル、パワーポイント等)
・zoom等のIT活用に抵抗がないこと

【あれば望ましい要件】*必須ではありません
・海外にルーツを持つ子どもや生活者支援または類似経験(ボランティア含む)
・子ども、若者に関わる支援または類似経験(ボランティア含む)
・3名以上の集団授業経験(福生教室)

●その他 

・多様なニーズを持つ子どもや若者たちに対して、集団授業および個別巡回型指導を基本とし対応しています。
・主に福生教室でICTを活用した遠隔教育授業を実施しています。リモート教育の経験は問いませんが、抵抗感なく、柔軟に対応できる方を歓迎します。

YSCグローバル・スクール参考URL

YSCグローバル・スクールの活動や海外ルーツの子どもに関する情報発信を以下のURLから、詳しくご覧いただけます。

Facebook https://www.facebook.com/kodomo.nihongo/
Twitter https://twitter.com/kodomo_nihongo
メルマガ http://yscglobal.publishers.fm/
事業責任者・田中宝紀 Yahoo!ニュース個人ページ http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaiki/

GARDEN Journalism 【言語難民】日本語がしゃべれず、ひとりぼっちの子ども達を助けたい(動画あり) https://gardenjournalism.com/project/ysc/ (外部メディア) 

YSCグローバル・スクール参考URL

応募方法

1次:書類審査

以下の書類を【メールにて送付】してください

1)履歴書
  フォーマット自由。応募職種・希望勤務地・勤務開始希望日、勤務可能な期間(短期/長期または〇年〇月まで、等)明記。
  *学習支援担当者は指導可能な教科と対応学年を記入してください。


2)職務経歴書
  フォーマット自由。
  日本語教師、学習支援担当者は指導経験を中心に記入してください。
  *学生さんのご応募や職務経歴がない方の場合は、ボランティア経験など、関連すると思われる過去の活動などについてあればまとめてください。


3)作文 以下のテーマから1つ選んで作成してください。
  テーマ1:私が海外ルーツの子ども支援に携わりたい理由
  テーマ2:海外ルーツの子どもの現状と課題とは
  テーマ3:私が考える、海外ルーツの子どもの課題解決策
  テーマ4:自由テーマ
  形式自由です。上記作文に【自己PRをあわせて2,000字以内】におさめてください。
  *作文の文字数は採用に影響しません。短くてもかまいませんが、2,000字を超えることのないようご注意ください。
 
下記のいずれかまたは複数に該当する方は、提出書類にその旨ご記入ください。

(必須ではありません)
1)海外在住・留学経験者
2)コーディネーター、ソーシャルワーカー、教員免許や福祉関係資格保有者
3)子ども・若者支援経験者
4)塾講師等教育・学習支援の経験(教えられる教科も記載)
5)外国語力(レベル不問/日本語を母語としない方とのコミュニケーションが得意な方)
6)SNS等を日頃から活用し、情報を収集・発信している方
7)オンライン会議などITを積極的に活用している方

8)海外ルーツの子ども、若者の支援活動経験がある方(ボランティア含む)


2次:面接・実技(オンラインまたは教室で実施)

*1次審査通過者にのみ、随時2次試験のご案内をお送りします。

<実技試験について>

学習支援担当→15分間の模擬授業実施
授業内容については、2次試験日程調整後にお知らせします。


備考

*応募書類は必ず【メールにリンクURL貼り付けまたはデータを添付】で送付してください。 (郵送、持参は受け付けておりません)
*適任者が決まり次第応募を締め切ります。お早目にご応募ください。
*不採用理由当についてはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。

応募書類送付・問い合わせ

NPO法人青少年自立援助センター
YSC グローバル・スクール(担当:田中)
MAIL info[at]kodomo-nihongo.com ( [at]を @へ変えてください)

*書類送付の際のメール件名を【2020年度夏季求人(応募職種・応募者氏名)】としてください。
*スクール生徒や保護者からの連絡を優先するため、お電話でのお問い合わせは受け付けていません
*応募希望者の事前の見学は受け付けていません。採用説明会をご利用ください

採用説明会を開催します

採用説明会を実施します

募集要項だけでは分かりづらい実際の業務内容など、より詳しい説明の他、実際の授業の様子などをご案内します。お時間の合う方、少しでも興味のある方はぜひご参加ください。
*採用説明会への参加は選考に影響しません。

*オンラインのみでの実施となります。

【説明会日程】
・6月26日(金)12時10分~12時45分
・6月29日(月)12時10分~12時45分
・7月7日(火)  12時10分~12時45分(new)

*日程は追加が決まり次第こちらに記載します。

*いずれの日程も教室見学はありません。簡単な説明の後、質疑応答がメインとなりますので、募集要項をよくご確認の上ご参加ください。

*オンライン開催のみの実施です/途中入退場が可能です。


【説明会参加申込み】

以下のフォームよりご応募ください。
https://forms.gle/iGV5Z2NZqKgVHynM8


折り返し、詳細をご案内いたします。

当日の会場はzoomを使用します。

土、日は休校日となっているため、この間のお申込みについては月曜日の午前中のご連絡となります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る

最新のお知らせ

  • ターム3が始まりました!

    活動報告2020.07.06

    ターム3が始まりました!

  • 海外にルーツを持つ子どもたちの教育機会保証に向けて

    ニュース2020.06.30

    海外にルーツを持つ子どもたちの教育機会保証に向け...

  • 授業風景

    人材募集2020.06.26

    【短期可】2020年度YSCグローバル・スクール...

  • 授業風景

    人材募集2020.06.25

    【リモート勤務限定】オンライン・サマースクール(...

  • 子ども達が安心して学べる環境を!〜飛沫防止アイテム1号〜

    活動報告2020.06.25

    子ども達が安心して学べる環境を!〜飛沫防止アイテ...

  • Syncable寄付募集ページを更新しました!

    ニュース2020.06.23

    Syncable寄付募集ページを更新しました!

  • 絵本「つまさきもじもじ」をご恵贈いただきました。

    ニュース2020.06.19

    絵本「つまさきもじもじ」をご恵贈いただきました。

  • わたしたちはみえている〜日本に暮らす海外ルーツの人びと〜

    ニュース2020.06.19

    わたしたちはみえている〜日本に暮らす海外ルーツの...

  • ターム2が始まりました!

    活動報告2020.06.04

    ターム2が始まりました!

  • 毎日新聞「にほんでいきる」

    ニュース2020.06.04

    毎日新聞「にほんでいきる」

支援する
お問い合わせ