オンラインで「にほんごのせんせい」を全国に届けます!遠隔地こども日本語教育事業「NICO|にほんご×こどもプロジェクト」

『NPO法人 青少年自立援助センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

お問い合わせ/Contact

【事務局・福生教室】(Office/Fussa School)

TEL: 042-552-7400

MAIL: info@kodomo-nihongo.com
月曜日~土曜日 9:00~19:00

(土曜日は~12時)

グローバル・アフタースクール(放課後学習・居場所プログラム)

生徒の7割が外国籍ー東京の西側でいちばんグローバルな学びの場

グローバル・アフタースクールは、日本はもちろん、アメリカ、中国、フィリピン、ペルーやネパールと言った様々な国にルーツを持つ子ども達のための「学びの場」。

 

約12カ国にルーツを持つ子ども達が集まる「YSCグローバル・スクール」が展開する放課後居場所・学習支援プログラムです。

 

子どもの頃から複数の言葉が飛び交い、さまざまな文化的背景を持った子ども達と共に机を並べ学んだり遊んだりすると、自然に国際人としての視野を養う事ができます。

 

『将来、グローバルに活躍できる人になってほしい』

『生きた外国語に触れさせたい』

 

と言った国際人としての基礎を身につける下準備

として・・・

 

『塾に行かせるのはちょっと・・・でも、放課後に宿題や苦手な勉強を見てほしい』

『学童に行かなくなってしまった・・・でも、放課後の居場所がほしい』

『学校や学童以外の友人関係をつくりたい』

 

と言った「居場所」や「学習サポート」の場として活用していただけます。

 

*本事業は2015年度JT NPO助成事業として運営されています

日本語教師と学習支援経験の豊富なスタッフがサポーターと共に運営しています

グローバル・アフタースクールに携わるスタッフは、日本語教師有資格者として子どもの日本語教育を専門に行っていたり、学校の勉強が難しいと感じている子ども達の学習支援を長年経験してきた専門家。彼らを中心に、学生や若い社会人サポーターが「お兄さん」「お姉さん」として子ども達の学びを支えます。

プログラム内容

  • 子ども1人1人の個別ニーズに応じて、学習支援や宿題サポートを実施
  • 外国につながるお子さんには、日本語教師による日本語学習サポートがあります
  • 英語でのコミュニケーション機会も豊富
  • 国際感覚を養うためのワークショップを定期的に開催
  • 手作りの夕食(お弁当形式、別料金、希望者のみ)提供/帰宅時送りサービス(別料金、希望者のみ)

対象者

  • 小学1年生~高校進学を希望する若者
  • 放課後の学習支援や居場所を必要としている子ども・若者
  • 国際的な環境の中で、異なる文化・言語背景を持つ仲間と共に学びたい人

日時

毎週月曜日および水曜日 15時~19時

  • 上記時間帯内で1日当たり2時間または4時間の利用が基本です。
  • 小学生の学習支援コアタイムは15時~17時
  • 中学生の学習支援コアタイムは17時~19時

    (コアタイムの前後でも利用が可能です)


火曜日、木曜日、金曜日の放課後学習支援を希望の方は【こちら】

土曜日の学習支援を希望の方は【こちら】


参加料金

4回(週1回)利用

1回あたりの利用時間数

料金

2時間

月額 3,500

4時間

月額 7,000

8回(週2回)利用

1回あたりの利用時間数

料金

2時間

月額  7,000

4時間

月額  14,000

教育バウチャー制度が利用できます

グローバル・アフタースクールでは、一般の方々からのご寄付を原資にプログラム参加料金として利用可能な教育バウチャー(授業料クーポン)を発行しています。

参加料金の負担が難しいご家庭はお気軽にご相談下さい。

お申込み・お問い合わせ

YSCグローバル・スクール 田中・ピッチフォードまでお気軽にご連絡ください。

TEL 042-552-7400 

MAIL info@kodomo-nihongo.com