支援対象者の皆様へ学習支援を

Select Language

行政・企業・支援関係者の皆さまへ

企業・団体の皆様へ

この度はYSCグローバル・スクールの活動に関心を持ってくださりありがとうございます。
私たちは、外国にルーツを持つ子ども・若者の教育支援を通して日本が多様であることを尊重し、その多様さを社会の活力の源として生かしていけるような社会の実現を目指しています。

現在、日本に暮らす外国人は250万人を超えようとしており、その数は増加の一途をたどっています。これに伴い、外国にルーツを持つ子どもたちも増え続けており、日本の公立学校に在籍する日本語指導が必要な児童生徒は40,000人以上となりました。

私たちが支援する年間100名以上の子どもたちの9割以上のご家庭が、入所時のアンケートで「今後日本以外の国に帰国/移住するつもりはない」と答えています。外国人の増加は、定住・永住志向を持つ方々の増加でもあり、外国にルーツを持つ子どもたちの多くも、日本社会の中で学び、自立し、いつか家族を築いてゆくことになるでしょう。

日本社会はすでに多様な人々と共に歩む時代へ入ろうとしていますが、その急激な変化に制度や支援が追い付いていないのが現状です。

日本語がわからないまま、学校で何の支援も受けられない子どもが全国に10,000人以上います。支援制度を持つ自治体や学校でも、その質や量は大きな格差があり、適切なサポートが受けられないまま不登校状態に陥ってしまう子どもや、日本語も母語も中途半端となってしまう子どもたちも少なくありません。

しかし外国にルーツを持つ子どもたちは、本来はバイリンガル・バイカルチャーとして育つポテンシャルを有する存在です。子どもたちに適切なサポートを提供し、大切にはぐくむことで、彼らの可能性を最大限に引き出して行くことは、子どもたち自身にとってのみならず、これからの日本社会にとっても大きな力となるはずです。

YSCグローバル・スクールとの協働

YSCグローバル・スクールでは共に外国にルーツを持つ子どもと若者の未来を切り拓く、パートナーを募集しております。経済的に困窮する世帯や外国人ひとり親世帯の子どもたちのための「奨学金基金」への寄付キャンペーン、実際の現場におけるサポート活動への参加、オンラインを活用した全国に暮らす子どもたちへのアウトリーチ事業や子どもたちの課題を広めるためのアドボカシーにおける協業など、様々な形で子どもたちの学びと日本社会への参画を支えていただけたらと思います。

行政・支援関係諸機関、関係者の皆様へ

私たちは、拠点を置く東京都近郊在住の子どもたちはもちろん、全国に10,000人以上と言われる無支援状態の外国にルーツを持つ子どもたちへ、専門家による日本語教育や学習支援、多文化コーディネート支援を届けたいと考えています。

特に外国人散在地域に暮らす子どもたちへの支援は積年の課題となっており、予算や人材が不足する地域におけるサポートをどのように構築していけるかがカギであると考えています。

YSCグローバル・スクールでは支援のない地域に暮らす子どもたちであっても、適切なサポートを受けられる環境づくりを目指して、2016年度より、これまで培ってきた経験とノウハウをもとにICTを活用したオンライン遠隔地日本語教育事業「NICO|にほんご×こどもプロジェクト」を立ち上げました。YSCで行われている専門家による支援を、全国どこにいてもリアルタイム双方向型で学ぶことのできる仕組みです。

こうした仕組みの活用や、オンライン支援のノウハウについて興味関心のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。また、YSCグローバル・スクールの活動や運営についてなどの講演、子どもの日本語学習支援人材養成講師派遣なども承っています。

YSCグローバル・スクールへのご見学・ご訪問

企業・行政、支援関係諸機関の皆様のご見学やご訪問は可能な限り受け入れを行っております。
お問い合わせフォームより、ご連絡をお願いいたします